大阪市城東区京橋整体やまのうえ整体院&整骨院,骨盤矯正,産後体型

やまのうえ整体院&整骨院


安産の為の冷え性対策

anzan.png
冷え性のリスク


自覚症状として冷え性を感じている妊婦と感じていない妊婦を比べた場合
早産になる確率は   3.4
前期破水になる確率は 1.7
陣痛が弱くなる確率は 2.0

と言われています。

冷え性の原因と対策

  1. 食事の偏り
  2. 生活スタイル
  3. ストレス
  4. 服装
  5. 代替医療
具体的に説明していきましょう!

1、食事
ビタミン、ミネラル、タンパク質、鉄分をバランスよく食べる事です。
ビタミンは旬な野菜からとって下さい。
ミネラルは海藻がいいと思います。海藻には鉄分も含んでいます。
タンパク質は豆類から摂取していただくといいと思います。

食べてはいけないもしくは控えて欲しい食べ物は
冷たい物や甘い物
アイスクリームや氷、砂糖、ジュース、生野菜、菓子パン等々
上にあげた物は体を冷やすだけでなく血流も悪くすると言われています。

2、生活スタイル
明るくなったら起きて暗くなったら寝るこれで決まりです。
夜寝る前にベッドでテレビを見たりスマホをいじったりしていると
自律神経の交感神経が興奮し眠りが浅くなったり抹消の血液の流れが悪くなります。
寝る1時間前にはそういった行為はひかえましょう。
その日の疲れはその日にとるのがベストです

3、ストレス
妊娠中は穏やかに過ごしましょう
特に初めての方は何もかもが不安で心配になります。
深く考えすぎずにすぐに誰かに相談したり友達や旦那さん家族に
はなしを聞いてもらいましょう。

怒りすぎや驚きすぎはもちろんですが
必要以上の喜びすぎも体に負担になる場合があります。

4、服装
おしり、首、腰は基本冷やさない!
肩や首、お腹、腰を出さない服装をしましょう
キャミソールやへそ出し、ローライズはダメ

家ではレッグウォーマー、5本指靴下、もしくは靴下重ね履きがいいでしょう!
くるぶしの出る靴下はだめですよ!

5、代替医療
マタニティー専門の整体院や鍼灸院がおすすめです。

大阪京橋にあるやまのうえ整体院&整骨院では現役助産師さん監修の骨盤矯正や
マタニティー整体があり女性院長が責任をもって施術いたしますので安心してお受けいただけます。

もしあなたが冷え性でお悩みでしたら是非1度お越し下さいお待ちしております。


温かい体を作って元気な赤ちゃんを出産してください!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

やまのうえ整体院&整骨院のご案内

住      所:
〒536-0016 大阪市城東区蒲生2-3-30
アクセス:
JR環状線京橋駅 北出口より徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
090-3927-7768
営業時間:

【平日】
11:00~20:00
【土、日曜】
11:00~17:00
※日曜実費のみ

休業日:
木・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ