大阪市城東区京橋整体やまのうえ整体院&整骨院,骨盤矯正,産後体型

やまのうえ整体院&整骨院


むくみでお悩みの方

むくみとは?


まずむくみと一言でいっても実はたくさんの種類があります。
むくみは医学的には浮腫(ふしゅ)と呼ばれ部分的にむくむものと全身むくむものがあり
さらに病気からくるむくみと単純に血液の循環が悪くて起こるむくみがあります。
まず病気からくるむくみについて説明します。

甲状腺機能低下症
甲状腺からでるホルモンがなんらか原因で分泌量が減ってしまう病気なんですが
このホルモンは代謝に大きく関係しているため結果的に手足のむくみにつながります。

腎性浮腫
読んで字のごとく腎臓の機能障害から起こる浮腫で腎臓は体の水分を調節しています。
腎不全やネフローゼ症候群などがあります。

肝性浮腫
肝臓の機能が低下すると肝臓からタンパク質の合成力が低下しこのタンパク質というのは
血管内に水分をとどめる働きがあるのですが低下により
水分が細胞にあふれ出る、それでむくむわけです。
慢性肝炎や肝硬変、肝がんなどがあります。。

心性浮腫
心臓は全身に血液を送る体のエンジンのようなものです。
心臓の機能低下により全身の血液循環が悪くなりむくみの症状がでます。
心不全、心筋梗塞、拡張型心筋症などがあげられます。

以上紹介したのはごく一部で病気に伴うむくみの場合はできるだけ早く病院に相談にいってください。

どうして浮腫むのか?

病気からくるむくみは先にもあげましたが理由は様々です。
ここでは日常生活でむくむ原因を紹介します。
結果から言いますと食生活と長時間の同一姿勢によって血液およびリンパ液の循環が滞りとくに心臓から遠い下腿がむくむわけです。
つまり循環障害からだぶついた血液成分が血管からもれて細胞内にあふれ出す、そんなイメージです。

どうしたらいいのか?

まずは生活習慣をチェックしてください。
  • 塩分をよくとる
  • 冷たいものをよくとる
  • お酒をよく飲む
  • 長時間同じ姿勢が多い(立ちっぱなし、座りっぱなし)
  • 運動不足
  • 湯船に入ることが少ない
  • 手足が冷える
  • 体が最近だるい
この中に2つ以上当てはまる場合は今現在むくみを感じてなくても可能性はあります。
では改善策としまして
  1. 寝る時少し足を高くして寝る
  2. 運動をする。(仕事中は貧乏ゆすりや背伸びなどでふくらはぎをよく動かす。)
  3. カリウム、カルシウムなどしっかりとって塩分を出す。バナナ、小松菜など
  4. お風呂にしっかりつかり、上がった後は簡単なストレッチ
を実践してみて下さい。
むくみは足だけでなく、顔やお腹など全身に広がってきます。
たかがむくみされどむくみ日常生活を改善しきれいな脚線美をめざしましょう。

大阪京橋やまのうえ整体院&整骨院ではむくみの種類を判断し適切な施術と指導を行っております。
もしむくみでお悩みの方がいらしたら是非1度、大阪京橋やまのうえ整体院&整骨院までお電話ください。

やまのうえ整体院&整骨院のご案内

住      所:
〒536-0016 大阪市城東区蒲生2-3-30
アクセス:
JR環状線京橋駅 北出口より徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
090-3927-7768
営業時間:

【平日】
11:00~20:00
【土、日曜】
11:00~17:00
※日曜実費のみ

休業日:
木・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ