大阪市城東区京橋整体やまのうえ整体院&整骨院,骨盤矯正,産後体型

やまのうえ整体院&整骨院


肘の内側の痛みでお悩みの方(野球肘)

野球肘とは


投球動作中もしくは投球後に肘が痛む事ををいい
一般的に手を下におろしその手を正面に向けたとき体の内側に来る肘が痛む事を差し
野球をやってる人に多い症状なのでこの名前がついたとされています。
野球以外にもテニス、アメリカンフットボール、やり投げなどの競技でオーバースローで投げるスポーツがあげられます。
症状は
  • 肘の内がわが痛い yakyuuhiji.png
  • 小指がしびれる
  • 肘の曲げ伸ばしが出来ないもしくは痛い
  • 物を投げる時に痛む
  • バッティングはさほど痛まない
のが特徴です。
子供のころは骨や筋肉、靭帯が未発達なので投球フォームも
下半身を中心に体全体で投げることが出来ず
上半身とくに手投げで投げる為に負担が積み重なり結果的に炎症そして損傷につながるのです。

原因


先にも述べたように体の未発達な状態で正しくない投球を継続的に行ったり
カーブなどをはじめとする変化球を多投する事により肘にストレスがかかり
結果的に肘が損傷するのです。

どうすればよいか?


練習後はアイシング(氷水)でシッカリ幹部をひやし
練習前後はストレッチを入念に行う
また損傷や痛みがひどい場合は約3か月は投球動作を行わず回復に努める。

あまり無理せずに痛いと思ったら出来るだけ早く専門家に見せるのがいいと思います。
肘の間にある軟骨は消耗品なので1度痛めると100パーセントの回復は見込めません
正しいフォームでスポーツに励んでください。

もし野球肘でお悩みでしたら
大阪市城東区京橋やまのうえ整体院&整骨院にお越し下さい
肘と言っても肩や手首も一緒にみないといけないんです
私たちにお任せください。


やまのうえ整体院&整骨院のご案内

住      所:
〒536-0016 大阪市城東区蒲生2-3-30
アクセス:
JR環状線京橋駅 北出口より徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
090-3927-7768
営業時間:

【平日】
11:00~20:00
【土、日曜】
11:00~17:00
※日曜実費のみ

休業日:
木・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ